「すべての年齢層の男女にアピールできると期待している」

俳優チョン・ジヒョンがたくさんの男性モデルがモデルを務めるアウトドアブランドのモデルに抜擢された。

アウトドアブランドNEPA(代表キム・ヒョンソプ)はチョン・ジヒョンと専属モデル契約を結んだと発表した。今回の契約を通じてチョン・ジヒョンは2年間アウトドアブランド「NEPA」の新しい顔として活動することになる。

NEPAは健康で元気なイメージのチョン・ジヒョンが自由で活動的なNEPAのイメージにぴったりだと判断し、今回の契約に至った。また、ファッションリーダーであり、登山マニアとして噂になったチョン・ジヒョンが普段から清渓山(チョンゲサン)に登って体形管理をしていることで知られており、また別名「山ガール(山を楽しむ都市女性)」ブームをリードしてアウトドアブランドNEPAのイメージを一層高めるだろうと期待されている。

NEPAは専属モデルのチョン・ジヒョンと共に、年末からテレビ広告およびポスター撮影を行う予定であり、多様なマーケティングプロモーション活動によって老若男女を対象に顧客を拡張し、リーディングアウトドアブランドとしての位置づけを固める計画だ。

NEPAマーケティングチームのユン・ヒスチーム長は「NEPAは専属モデルチョン・ジヒョンの抜群のファッションスタイルと元気で健康なイメージがすべての年齢層の男女にアピールできると期待している。今後、優秀な機能とスタイルを備えたNEPAのアウトドアスタイルを積極的に広報し、様々な活動を行う予定だ」と伝えた。

一方、チョン・ジヒョンは今月30日「FREEDOM FACTORY1.0」の展示会イベントに参加し、NEPAの専属モデルとして初めて公の活動を行う。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-