ワールドツアーコンサート「SUPER SHOW4 3D」試写会で今回の作品に対する目標を明らかにした

SUPER JUNIORが「雪国列車」を競争作として指名した。

SUPER JUNIORはソウル広津(クァンジン)区 紫陽(チャヤン)洞ロッテシネマ建大入口で進行されたSUPER JUNIORワールドツアーコンサート「SUPER SHOW4 3D」試写会で今回の作品に対する目標を明らかにした。

「SUPER SHOW4 3D」は去年5月、ソウルオリンピック公園体操競技場で盛況裏に開かれたSUPER JUNIORの1番目のワールドツアー「SUPER SHOW4」アンコール公演を3Dカメラで撮影し、製作されたバラエティー3Dコンサート映画だ。8日、韓国の全国30余個のロッテシネマ劇場を通じて公開される。

これに対してキュヒョンは「目標は1,000万人観客記録だ。もし1千万人突破に成功したらウニョクが上半身を脱衣をする」と野心を燃やす抱負を明らかにした。キュヒョンの言葉に現場に居たファン皆が笑いを上げたがウニョクは真剣にマイクを受けて「残念ながら一緒に公開される作品が『雪国列車』だ。僕たちの興行に蹉跌が生ずるが、熱心にやってみるようにする」と説明して笑いを催した。

一方、タイ公演を成功的に終えたSUPER JUNIORは10〜12日、台湾の台北アリーナでワールドツアー「SUPER SHOW 5」の熱気を引き続ける予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-