ミュージックビデオに期待感を高めた

アイドルグループB.A.P(パン・ヨングク、ヒムチャン、デヒョン、ヨンジェ、ジョンオプ、ZELO)がアメリカのラスベガスの真ん中で特別なスケールで新曲ミュージックビデオを撮影した。

所属事務所TSエンタテイメント(以下 TS)側の関係者は「B.A.Pがアメリカのラスベガスでミュージックビデオ撮影をしたが、週末の昼の撮影だったため撮影場に数百人の人が殺到した。現地の警察を動員して道路を通行止めにするなど警護を受けて無事に撮影を終えた」と明らかにした。

TS側はまた「現地の警察のサポートの中で道路が通行止めされる事は非常に異例的なことだ。アジア歌手では最初に撮影したことと知っている」と伝えてミュージックビデオに期待感を高めた。

一方、B.A.Pは3rdミニアルバムの2番目タイトル曲「Hurricane」の音源及びミュージックビデオを公開する。また8月17日と18日の両日間ソウル松坡(ソンパ)区に位置したオリンピック公園オリンピックホールで「B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL WANTED」を開催する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-