「初めて発表した自作曲が僕のデビュー映画のエンディング曲に選定されて嬉しくて感激している」

FT ISLANDイ・ホンギの初自作曲が初デビュー映画日本版のエンディング曲に選定された。

所属事務所FNCエンタテインメントによればイ・ホンギの初自作曲「オレンジ色の空」が彼の初デビュー映画「フェニックス〜約束の歌〜」日本版のエンディング曲として使われる。先立ってこの日の午前、自作曲ミュージックビデオも公開された。イ・ホンギ主演の映画「フェニックス〜約束の歌〜」は30日に韓国で公開されて、引き継いで来月7日、日本で公開される。日本版のエンディング曲である「オレンジ色の空」はFT ISLANDが来月5日に発表する日本3rdアルバム「RATED-FT」にも収録される。

イ・ホンギはFT ISLAND活動をしながら作詞に参加した曲はずっと発表して来たが直接作詞・作曲した曲を発表することは今回が初めてだ。彼は「『オレンジ色の空』は曲のタイトルのように温かい感じを与える曲で初めて発表した自作曲が僕のデビュー映画のエンディング曲に選定されて嬉しくて感激している。デビュー後多くのミュージックビデオを撮ったがこのミュージックビデオは僕一人で撮ったので緊張もしたがミュージックビデオがちゃんと出来たようで嬉しい」と感想を伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-