仕事とスポーツという二つの共通点

2011年ケーブルチャンネルtvNドラマ「イケメンラーメン店」に出演した俳優イ・ギウとイ・チョンアが約1年間にわたり、交際していることが分かった。

ドラマの中では、チョン・イルと恋敵の仲だったイ・ギウがチョン・イルとイ・チョンアの愛と未来を心から応援し温かい結末で締めくくったが、現実ではイ・ギウが仕事と愛をの両方を勝ち取った。イ・ギウの所属事務所関係者は「ドラマを通じてお互いの気持ちを確認し、付き合うようになった」と伝えた。

イ・チョンアの所属事務所関係者は「芸能人のスキーチームを通じて親しくなったと聞いている」と述べた。芸能人スキーチームA11のメンバーである二人は、仕事とスポーツという二つの共通点から共感するものが多く親しくなった。

A11はイ・ギウが団長を務めている芸能人のスキーチームでイ・チョニ、キム・ジソク、キム・サノ、カン・ギョンジュン、チョ・アン、イ・チョンア、イ・ヨンウンらが所属している。同じスポーツチームに所属している上にドラマでも共演し、二人はより深い連帯感を持つようになった。

特に昨年は、江原道(カンウオンド)襄陽(ヤンヤン)の海でサーフィンを楽しむ姿が現地の人に確認された。2003年の映画「ラブストーリー」でデビューしたイ・ギウはドラマ「イブの反乱」「スターの恋人」、シチュエーション・コメディ「スタンバイ」などでイケメンキャラクターとして愛された。190cmの長身と気さくな印象が魅力として挙げられる。最近のOCNドラマ「ザ・ウイルス」では大韓病院の感染内科プロののキム・セジン役を演じている。

俳優イ・チョンアは、2002年に映画「マッチ売りの少女の再臨」でデビューし、ドラマ「みんな一緒にチャチャチャ」「かぼちゃの花の純情」、映画「オオカミの誘惑」「同い年の家庭教師レッスン2」などで印象深い演技を披露した。13日から初放送されるSBS週末ドラマ「ワンダフルママ」では、大企業の長男の嫁で可愛いらしいメンスン役を演じる予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-